東京|イベントコンパニオン|コマーシャルモデル|派遣|バイト

イベントコンパニオンの効果

理論・分析だけで売れる商品はつくれない

人が物を買う行動を起こすのはその人の感情と条件反射によっているのではないかと考えている。

著書【成功は一日で捨て去れ】
ファーストリテイリング会長兼社長 柳井 正

行動経済学

 多くの人が、経済は合理的な予測や判断で動いていると堅く信じている。実際、競合激しいビジネスの世界で求められるのは、“感情的な判断”ではなく、むしろ理性に基づく“理論的な決断力”のほうだ。もし、合理性が大切と思っている人たちに「経済は感情で動いている」などと言ったら、どんな反応をするだろうか。
 だが、考えてみてほしい。たとえば出勤途中で選ぶ缶コーヒーだ。何十種類の中から毎回合理的な判断に基づいて「今日は無糖ブラック」などと決めているだろうか。ほとんど説明のつきようのない心情で選択しているのではないか。
 人間の感情も、経済学で取り入れられようとしている。2002年、ノーベル経済学賞を受賞したダニエル・カーネマンは経済学と認知心理学を統合した。彼の影響でがぜん活気づいたのが「行動経済学」だ。研究者たちは、人の感情や直観、記憶を重視し、現実に即した経済学を再構築しようと試みている。
 今回は日本の行動経済学の牽引役でもある明治大学教授の友野典男さんに従来の経済学の成り立ちと人間の感情的判断の有効性についてうかがった。友野さんの著書『行動経済学 経済は「感情」で動いている』も現在、注目を集めている。どうやら人々の感情は、経済社会を大きく動かしているようだ。
※『感情と勘定、どっちが合理的?』引用  日経BP 2008/12/4

視覚刺激



商品化計画の一部分を担います。
参考)ビジュアルマーチャンダイジングとVMDとVM | VMD STUDY



Twitter